飲料はどこまで安全か?

tenkabutu...1



コーヒーやお茶など、毎年どころか季節が変わるごとに、
新商品が店頭に並び、その種類の豊富さには驚くばかりだが、
その安全性は、どこまで保たれているのかが、本来大切なことである。



飲料の特徴として、特定保健用食品というのが、
いろいろな種類で出ているが、これが結構曲者である。



もちろん、そうやって銘打たれているだけであって、
一定の身体にいい成分や、役割のある飲料が多いわけだが、
栄養強化を隠れ蓑にした、酸化防止剤としての役割しかない、
ビタミンCの使用や、緑茶なのに香料が使用されていたりと、
いささか信じられないような場合がある。



それでいて食生活のバランスを、
謳っているのだから、何をか言わんである。



また、かつては缶コーヒーは砂糖が多いから、
飲みすぎに注意と言われていたが、最近は、



・人工甘味料
・香料
・酸化防止剤
・安定剤



等の使用が、疑問視されている。



そもそも香りのあるコーヒーに、何故、
さらなる香料などを必要とするのだろうか。



缶コーヒーをどうしても飲みたい場合は、
完全無添加のブラックが、おいしく安心なのでおススメだ。



人工甘味料は、糖質ゼロと謳われてはいるが、
その実態は、砂糖よりも甘いものだ。



カロリーが低いから、健康な飲料というものではない。



動物実験で、白血病や悪性リンパ腫などの結果が出ている、
人工甘味料が、堂々と使用されているのは、何故だろうか。



人間であれば、発がん性が消えるなどとは、
誰も保証できないものなのだ。



最近、免疫系の病気が特に増えているのは、
こうした食品の問題と、無関係とは言えないだろう。



自分、そして、家族の健康な体を守るためにも、
食品添加物に関する知識の必要さが、以前よりも、
増してきていることを、しっかりと認識しておこう。