加工食肉は安全なのか?

tenkabutu...1



鳥インフルエンザ発生や、偽装牛肉などの報道がなされる度、
多くの真面目な畜産農家が、風評被害を受けている。



また、高級レストランで加工された肉を、高級肉と称して、
提供していたなど、肉の安全と信ぴょう性を問うニュースを、
目にする機会は、一年の内、何度か訪れるのが現状だ。



しかし、これらの出来事は氷山の一角に過ぎず、
加工食肉系の安全性は、もっと厳しい目を向ける必要があるだろう。



例えば、調味料と香辛料だけを使用した生ハンバーグは、
原産地表示が、義務付けられている。



しかし、肉のつなぎに、パン粉や玉ねぎなどを使用していれば、
原産地表示は不必要という、抜け道がある。



また、国産肉を使用しているからといって、
必ずしも安全というわけではなく、ソースにたっぷり、
添加物が使用されているケースもある。



特に、乳化剤や酸味料が一括表示されていて、
種類や数が不明な食品は、注意する必要がある。



従って、安全な食肉加工製品を選びたい場合は、
まず、原産地がきちんと明記されていること、
保存料をなるべく使用していないものを、選ぶことである。



特に、亜硝酸Naを使用しているものは、注意しよう。



普通に考えれば、肉がいつまでも、
新鮮な状態を保てるはずがないのだ。



それは、”新鮮なよう” に見せているだけの話であって、
そこには、大量摂取すると身体に悪影響を及ぼす添加物が、
使用されている可能性が高い。



特に、ハムなどは一部の高級品を除いて、
典型的な水増し加工が行われている。



数々の添加物を溶かした混合液に、さらに水を加え、
原料肉に注入するといったやり方だ。



焼き鳥も、安いブラジル産やタイ産は、
大量の抗生物質を投与されながら、育っている。



タレの色や味にごまかされず、注意しておこう。