缶詰製品は安全なのか?

tenkabutu...1



かつては添加物満載の食品というイメージのあった、
缶詰製品だが、現在では技術も大きく向上し、
食品添加物を全く使用していない製品も登場している。



素材のおいしさをそのまま閉じ込めた製品は、
安全で品質も、満足できるものも多い。



日本は、世界一魚を食する国として知られているが、
魚系の缶詰めに、そういった製品が見られるのは、
大変素晴らしいことである。



ただ、サバと一口にいっても、国産もあれば輸入物もある。
できれば、原産地がきちんと表示された缶詰を選ぶべきだ。



一方、豆や肉系の缶詰めには、
比較的添加物が使用されているケースが多い。



特に、一括表示が認められている増粘多糖類は、
この五文字の中に何種類入っているか、
分からないものなので注意しよう。



また、カラメル色素は4種類あるが、
どれを使用しているかどうか、チェックしておく必要がある。



Ⅲ型、Ⅳ型は危険視されている添加物なので、
明記されていることは少ないが、覚えておきたい。



保存性を高める役割を果たしているpH調整剤も、
30種類ありながら、一括表示が認められているため、
何が使用されているか分からない。



このほか、サケフレーク関係は、
着色料が使用されていることが多い。



サケの身は赤いという印象が強いが、
サケはもともと白身魚であることは、あまり知られていない。



なぜ赤くなるかと言えば、赤い色素をもつ、
カニやエビなどの甲殻類を食べて育つから、赤くなるのだ。



しかし、養殖されたサケは、そんな食事をしないので、
着色料をまぜた資料を食べさせることで、身を赤くしているのである。



合成着色料の中でも、赤102などのタール系色素は、
発がん性があるなど、懸念すべきものである。



過度な色付けは、鮮度隠しにも繋がるものと覚えておこう。