魚肉練り物食品は安全なのか?

tenkabutu...1



意外と知られていないことだが、野菜サラダなどに欠かせない、
『カニかま』の発祥地は、日本である。



1972年に、石川の七尾市にある食品メーカーが、
開発したのが最初で、現在では世界的人気を誇る商品となっている。



カニかまとは、正確には、「カニ風味かまぼこ」との意味で、
本物のカニ肉は使用されていない。



主原料は、スケトウダラなどの、冷凍すり身肉が中心である。



このように、魚のすり身は輸入物が大半で、
どんな魚が使用されているか、はっきりしていない、
ケースも多いということを、認識しておく必要がある。



そもそも、伝統的なかまぼこの作り方は、
魚の白身の生臭さを取り除いた後、すりつぶし、
食塩やみりんなどを加え、練り合わせた上で、
板の上に載せ蒸すものだ。



しかし、こうした本物の食品は少なく、
ほとんどの練り物食品は、化学調味料や、
有害な保存料を使用しているのが、実情だ。



安全な練り物食品を選ぶコツは、まず、
保存料無添加と明記されている製品を選ぶこと。



次に、アミノ酸などの、
化学調味料を使用していない製品を選ぶことである。



調味料不使用の製品を見付けるのは、とても面倒なものだが、
健康のためだと思えば、なんということはないはず。



最悪なのは、保存料で、”ソルビン酸” を使用している製品である。
ソルビン酸とは、動物実験で発がん性が確認されている物質だ。



もちろん、それを食べたからといって、
すぐに、がんが発生するということはない。



しかし、いろんな分野でリスク管理が叫ばれている、
現代社会において、食の面からもリスク管理を行っていくことは、
とても大切だとの認識を、ぜひ持ってもらいたい。