食品添加物は安全なのか?

tenkabutu...1



タバコを買うとパッケージに、
「喫煙は、あなたにとって肺気腫を悪化させる危険性を高めます」
といった表示と共に、



厚生労働省のホームページアドレスが書かれるようになって、
しばらく経つが、こうした表示は食の安全が脅かされていると、
言われて久しい食品関係には明示されていないものだ。



日本人が加工食品と共に口に入れている食品添加物は、
年間4キロを超えると言われており、因果関係は、
必ずしも証明されていないものの、アトピー性皮膚炎など、
身体に影響を及ぼしていることは、もはや周知の事実と言っていいだろう。



食品を買う時、必ず原材料名は表示されているものだが、
そこに使用されている食品添加物がどれだけ安全性があるのかは、
知識がないと分からないものである。



いくら食品添加物が摂取許容量が決められていて、
安全性に配慮していると説明されたところで、食事の仕方によっては、
必要以上の添加物を摂取している可能性だって、否定できないはずだ。



例えば、多くの加工食品に使用されている、『ビタミンC』だが、
これは、レモンやグレープフルーツに含まれているビタミンCとは、
全く異なるものである。



レモンからの抽出物ではなく、化学物質を使用し、
大量生産された、合成ビタミンCである場合がほとんどだからである。



1つ1つの添加物は、毒性テストが行われているが、
それが他の添加物と同時に摂取した場合に、
起こる化学反応までは、テストされていない。



場合によっては、発がん性物質を生み出すことさえあるというのにだ。



仮にそれが原因で病気になったとしても、
「因果関係が証明できない」の一言で片づけられる、
そうした状況に、私たちの暮らしが成り立っているということを、
認識しておく必要があるだろう。







<<運営サイト>>

看護師辞めたい.com|まずは専門家にご相談を!
看護師辞めたい理由には、人間関係や労働環境(夜勤や残業)などが多いですが、
看護師を辞める前に、まずは、専門のコンサルタントに相談してみましょう!
費用は無料ですし、看護師さんのお仕事専門のコンサルタントですので….